メニュー

こども言語療法

 発語がない、遅い。よく喋るが、一方的で会話になりにくい。あるいは、年長になるのに特定の音が違う音になってしまうなど、お子様のことばについてご心配はありませんか?

ことばは、視線や表情、身振りなどとともに、コミュニケーションの道具です。しかし、ことばのはたらきは、それだけではありません。頭の中で考える・記憶する、さらに、行動を調節するといったはたらきもあります。

 「言えることばは氷山の一角です。」と言われます。様々な力の土台があって、その上にことばは育ち、表出されます。いろいろな機能が未分化なこどもだからこそ、ことばの問題は、発達全体の中で、注意深く見ていくことが必要です。

 こども言語療法室では、一人一人の全体的な発達を見ながら、あそびを中心とした関わりの中で、ことばの発達を促していきたいと考えています。

  • 小児専門の言語聴覚士による言語療法室を開設しています。
  •  3歳前から就学前のお子様を対象としてます。  
  • 状況によってはお待ちいただく場合がございます。 
  • 他の機関で保険を適用した言語療法を受けていらっしゃる方は、重複してのご利用いただけない場合がございます。
  • ご利用時間の詳細など、お気軽にお問合せ、ご相談ください。

* 当院の言語療法は、吃音については対象としておりません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME